ランチェスター戦略の弱者の戦略とは一体何でしょうか。

2013.12.24|ランチェスター弱者の戦略とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

社会人になり、始めて経営の知識を求められた方が多くいらっしゃるかと思います。

 

私も大学で習っていないような知識を多く求められ、

社会人になってからの方が勉強しています。

 

そんな経営での欠かせない知識のひとつがランチェスター戦略です。

これは、

大手企業でも中小企業でも経営者や管理職であればほとんどの方が活用している戦略です。

 

ランチェスター戦略とはイギリス人の戦闘機の開発者であるランチェスターさんが、

第一次世界大戦の頃から研究を始めたもので、

兵力数と性能の関係をまとめたものです。

 

これをある日本人が経営理論に応用して日本全国に広まったのです。

内容としては、シェア率のトップが強者、2位以下が弱者と定義し、

強者の戦略と弱者の戦略が存在します。

 

弱者の戦略とは、1点集中による局地的な戦闘を有利に運ぶ戦略であったり、

奇襲戦などがあります。これを経営に応用したもので、強者と違う強みを研究し、

自社のブランド力を高める事を意識したり、

他社がやってこないような企画を打ち出して顧客を獲得する、というものです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。