ランチェスター経営戦略を活用する!

中小企業、零細企業がやるべきこと


「ランチェスター経営戦略を活用する!」



具体的には、差別化戦略を基本とした「弱者の戦略」になります。



市場セグメントを定め、一点集中で攻める法則を当てはめます。


まず、中小企業のほとんどが弱者に該当します。


それに対して、経営資源が豊富な大企業は、広域戦や遠隔戦、包囲戦に持ち込む強者の戦略で挑んできます。



そこで弱者である中小企業は、次の五つの基本戦略を採用します。



・局地戦

・一騎打ち

・接近戦

・一点集中

・陽動作戦





つまり、競争相手の少ないニッチな市場を探し、ターゲットを絞り集中的に攻撃して小さな分野でナンバーワンを取ります。



その際、市場のセグメントの選択は非常に重要です。



どの分野に絞ればナンバーワンになれるのか、詳細に調査して独自の市場を見つけること。その分野は商品でもエリア、顧客層でも構いません。



市場セグメントが定まったら、一点集中で攻撃します。また、戦いを挑む際は自分より上位の企業より下位の企業を狙い、そのシェアを奪う方が成功する確立が高いです。



「小さくても、シェアNO1企業を作る」



ビジネスでは、このランチェスター経営戦略をしっかり意識しながら行うことがベストです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check